楽天モバイルと、mineoを、比較!どっちが安い?料金、通信速度、評判、手数料、違約金

注目のキャンペーン情報!
BIGLOBEモバイルでは、最大22,794円分の特典!(2月3日まで)
>>BIGLOBEモバイル公式サイトへ

NifMoでは、最大7,100円のキャッシュバックキャンペーンを実施中!(12月25日まで)
>>NifMo公式サイトへ

_ _ _ _キャンペーン情報おわり_ _ _ _
スポンサーリンク
ワン吉くん
楽天モバイルか、mineoか、どっちにしようか迷ってるんだけど、どっちがいいかな?
ウサギ先生
楽天モバイルとmineoの料金や速度を、比較してみましょう。

このページでは、楽天モバイルと、mineoの、料金、通信速度、評判、手数料などを比較してみます。

基本料金を比較

まずは、楽天モバイルと、mineoの基本料金を比較してみましょう。

楽天モバイルには、「スーパーホーダイ」と「組み合わせプラン」の2つがありますが、スーパーホーダイは、キャリアのように、機種代金込みのプランとなっているので、mineoと比較する時は組み合わせプランと比較するのがふさわしいです。

楽天モバイル組み合わせプラン

ベーシックプラン 3.1GBプラン 5GBプラン 10GBプラン 20GBプラン 30GBプラン
データSIM 525円 900円 1,450円 2,260円 4,050円 5,450円
050データSIM 645円 1,020円 1,570円 2,380円 4,170円 5,520円
通話SIM 1,250円 1,600円 2,150円 2,960円 4,750円 6,150円

mineoドコモプラン

500MB 1GB 3GB 6GB 10GB 20GB 30GB
シングルプラン
(データ通信プラン)
700円 800円 900円 1,580円 2,520円 3,980円 5,900円
デュアルプラン
(音声通話プラン)
1,400円 1,500円 1,600円 2,280円 3,220円 4,680円 6,600円

mineoでは、SMSは無料ですることができるので、楽天モバイルの050データSIMが、mineoのシングルプランに相当します。

楽天モバイルのベーシックプランというのは、通信速度が200kbpsに制限される代わりに、通信量の上限がないプランです。そういったプランはmineoにはありません。

楽天モバイルの050データSIMとmineoのシングルプラン、楽天モバイルの通話SIMとmineoのデュアルプランの基本料金を比較すると、データ通信量によって楽天モバイルの方が安かったり、mineoの方が安かったり、マチマチであるということが分かります。

オプション料金を比較

次に、楽天モバイルと、mineoの、オプション料金を比較してみましょう。

・楽天モバイルの主なオプション
楽天でんわ10分かけ放題・・・850円
端末保証・・・500円
マカフィーモバイルセキュリティ・・・300円
i-フィルターforマルチデバイス・・・300円
留守番電話サービス・・・300円
キャッチホンサービス・・・200円
転送電話サービス・・・無料

・mineoのオプション料金
mineoでんわ10分かけ放題・・・850円
通話定額30・・・840円
通話定額60・・・1,680円
端末安心保証サービス・・・550円
ウイルスバスターモバイル月額版・・・270円
持込み端末安心保証サービス・・・500円
安心フィルタリング・・・350円
安心バックアップ・・・500円
メールウイルスチェックサービス・・・200円
スマート留守電・・・290円
迷惑電話ストップサービス・・・無料
転送電話サービス・・・無料
割込通話サービス・・・200円
番号通知お願いサービス・・・無料

最もつけるひとが多いオプションである10分かけ放題オプションは、どちらも850円で同じです。

ウイルス対策の料金は、mineoの方が30円安くなっています。

フィルタリングオプションの料金は、楽天モバイルの方が50円安くなっています。

楽天モバイルになくてmineoにあるオプションとして、迷惑電話ストップサービスがあります。
端末の方でも着信拒否をすることができますが、その前にブロックすることができ、しかも無料というのは、迷惑電話に困っている人にとってはありがたいサービスです。

基本料金と、自分がつけたいオプションの料金をあわせて、安い方を選びたいですね。

通信速度を比較

ウサギ先生
次に、楽天モバイルと、mineoの通信速度を比較してみましょう。

平日、休日、それぞれの朝・昼・夜・深夜の通信速度を比較してみます。

通信速度は、時間や場所によって変わってきますので、あくまで参考程度に思っておくことをおすすめします。

平日
朝7時
平日
昼12時
平日
夜7時
平日
深夜12時
休日
朝7時
休日
昼12時
休日
夜7時
休日
深夜12時
楽天モバイル 35.2Mbps 1.4Mbps 3.2Mbps 5.6Mbps 28.2Mbps 1.2Mbps 4.8Mbps 28.1Mbps
mineo 15.4Mbps 2.1Mbps 1.8Mbps 7.2Mbps 24.5Mbps 1.7Mbps 6.5Mbps 13.2Mbps

あくまで参考にはなりますが、全体的には、楽天モバイルの方が気持ち速いかな?くらいの印象です。

楽天モバイルは、一時期、利用者の急増にともなって、速度が遅い。という評判がとても多くなっていました。

しかし、回線の増強が追いついてきたのか、最近では、MVNOとしては標準的な速度に落ち着いてきていると思います。

とはいえ、平日の昼や夕食の時間帯あたり、みながスマホを触る時間帯が遅いのは、MVNOの宿命ですね。

手数料・違約金

続いて、楽天モバイルと、mineoの、手数料や違約金を比較してみましょう。

契約時にかかる手数料

楽天モバイルの契約時にかかる手数料は、以下のとおりです。

契約事務手数料・・・税込3,665円

mineoの契約時にかかる手数料は、以下のとおりです。

契約事務手数料・・・税込3,240円

SIMカード発行料・・・税込368円

合計・・・税込3,608円

契約時にかかる手数料は、mineoの方が57円安くなっています。ほとんど同じですね。

解約する時にかかる手数料

定められた最低利用期間以下で解約をする場合は、契約解除料がかかります。

最低利用期間は、楽天モバイルの組み合わせプラン(通話SIM)の場合は12ヶ月です。

mineoでは、最低利用期間はありません。

楽天モバイルの契約解除料は、税込9,800円です。

MNP(番号そのままで他社に転出)する場合は、MNP転出手数料がかかります。

MNP転出手数料は、以下のようになっています。

楽天モバイル・・・税込3,240円

mineo・・・税込2,160円

ただし、mineoでは、契約から12ヶ月以内にMNPする場合は、12,420円かかります。
実質、これが契約解除料のような形になっています。

mineoでは、12ヶ月以内に解約する場合に高い手数料がかかるのはMNPする時だけで、純粋に解約をする場合は、違約金はかかりません。

ほとんどのMVNOでは、12ヶ月以内に通話SIMを解約すると、1万円程度の違約金がかかってくるので、これは大きなメリットですね。

MNVOを初めて使うひとや、試しに使ってみたい人は、まずはmineoを使ってみることをおすすめします。

プラン変更にかかる手数料

契約しているプランを変更する時は、変更事務手数料がかかります。

変更事務手数料は、以下のようになっています。

mineo・・・税込2,160円

なお、データ通信量を変更するだけのときは、かかりません。

楽天モバイルでは、プラン変更にかかる手数料はありません。

SIMカード再発行にかかる手数料

SIMカードを無くしてしまったり、破損してしまって、SIMカードを再発行する時にかかる手数料は、以下のようになっています。

楽天モバイル・・・税込3,240円

mineo・・・税込2,160円

SIMカードは、一度スマートフォンに入れてしまえば、スマートフォンをなくさない限り、なくすことはないと思いますが、もし再発行してもらう時の手数料は、mineoの方が1,080円も安くなっています。

運営会社紹介

楽天モバイルと、mineoの運営会社を紹介します。

楽天モバイルの運営会社

楽天モバイルの運営会社は、言わずとしれた、楽天です。

楽天市場をはじめとして、楽天カード、楽天銀行、楽天イーグルスも持っていますね。

楽天モバイルは、楽天グループであるメリットを最大限活かして、楽天ポイントが使えたり、もらえたりするわけです。

楽天株式会社は、1997年に創業し、まずはじめに楽天市場を開設しています。

楽天グループは、様々な事業を展開していますが、主な事業をサービス開始順に並べると、楽天市場→楽天ブログ→楽天イーグルス→楽天証券→楽天オークション→楽天銀行といった順番になっています。

最近では、社内公用語を英語にしたことも話題になりましたね。うまくいっているのでしょうか。

mineoの運営会社

mineoの運営会社は、ケイ・オプティコムという会社です。

聞いたことがないかもしれませんが、関西地区を中心に、eo光という固定回線サービスを提供している事業者です。

関西の方なら、eo光という名前は聞いたことがある人が多いと思います。

eo光は、ライバルのフレッツ光よりも料金が安いことが特徴で、人気のサービスです。

ケイ・オプティコムの創業は1985年で、まずはインターネットプロバイダサービスからはじまりました。

その後、2001年ごろから今のeo光の原型となるサービスがはじまり、2014年からmineoのサービスが開始されています。

ケイ・オプティコムの主要な事業は、今でもeo光とmineoだけで、通信事業に特化している会社だという事がわかります。

どちらも大きな会社なので、途中でサービスが終了してしまうのではないか。といった不安はなく利用できますね。

注目のキャンペーン情報!
BIGLOBEモバイルでは、最大22,794円分の特典!(2月3日まで)
>>BIGLOBEモバイル公式サイトへ

NifMoでは、最大7,100円のキャッシュバックキャンペーンを実施中!(12月25日まで)
>>NifMo公式サイトへ

_ _ _ _キャンペーン情報おわり_ _ _ _
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする