【徹底比較】楽天モバイルと、LINEモバイルを、比較!料金、端末代金、通信速度など

注目のキャンペーン情報!
BIGLOBEモバイルでは、通話SIM、データSIM契約で最大15,600円分キャッシュバックキャンペーン実施中!
>>BIGLOBEモバイル公式サイトへ


mineoでは、6ヶ月×900円割引キャンペーン実施中!

>>mineo公式サイトへ

_ _ _ _キャンペーン情報おわり_ _ _ _
ワン吉くん
楽天モバイルにしようか、LINEモバイルにしようか悩んでいるんだけど、どっちがいいかなあ?
ウサギ先生
楽天モバイルとLINEモバイルを様々な面から比較してみましょう。

このページでは、楽天モバイルとLINEモバイルを徹底比較します!

スポンサーリンク

料金プラン

楽天モバイルの料金プラン

楽天モバイルでは、「SMS機能のないデータ通信のみのプラン」「SMSのできるデータ通信のみのプラン」「通話もデータ通信もSMSもできるプラン」の3種類があります。

それぞれ、データ通信量に応じて以下のような料金になっています。

プラン ベーシックプラン
200Kbps
無制限
3.1GB 5GB 10GB 20GB 30GB
データSIM
(SMSなし)
525円 900円 1,450円 2,260円 4,050円 5,450円
データSIM
(SMSあり)
645円 1,020円 1,570円 2,380円 4,170円 5,520円
通話SIM 1,250円 1,600円 2,150円 2,960円 4,750円 6,150円

LINEモバイルの料金プラン

LINEモバイルも楽天モバイルと同様に、「SMS機能のないデータ通信のみのプラン」「SMSのできるデータ通信のみのプラン」「通話もデータ通信もSMSもできるプラン」の3種類があります。

ただし、データ通信のみのプランは1GBプランのみです。

プラン LINEフリー コミュニケーションフリー
1GB 3GB 5GB 7GB 10GB
データ通信のみ 500円
データ+SMS 620円 1,110円 1,640円 2,300円 2,640円
データ+SMS+通話 1,200円 1,690円 2,220円 2,880円 3,220円

こうして比べてみると、同じ容量であれば楽天モバイルの方が少し安い事がわかります。

しかし、LINEモバイルには最強の武器、「SNS使い放題」があります。

LINEフリープランではLINEが使い放題、コミュニケーションフリープランではLINE、ツイッター、フェイスブック、インスタグラムが使い放題となり、データ通信量がカウントされません。

SNSには画像や動画が投稿されていることも多いですが、画像や動画の閲覧もカウントフリーなので、SNSをよく使う人であれば、LINEモバイルの方が一つ下のプランにすることができ、結果的に料金を節約することができるでしょう。

逆に、SNSをあまり使わない人は、楽天モバイルを選択したほうが料金が安い分だけ節約することができるでしょう。

ワン吉くん
同じデータ通信量だと、大体100円くらいLINEモバイルの方が高いね。100円でSNSが使い放題になると思うと、SNSを使う人ならLINEモバイルの方がお得だね!
ウサギ先生
そうね。それから、20GB以上の大容量のプランを選びたい人は、LINEにはないから、楽天モバイルを選択することになるわね。

取扱端末

LINEモバイルと楽天モバイルでは、取扱機種に圧倒的な差があります。

LINEモバイルの取扱端末

LINEモバイルの取扱端末は、

・HUAWEI nova lite
・HUAWEI MediaPad T27.0 Pro
・arrows M03
・HUAWEI P9 lite
・ZenFone 3
・Blade E01

の6機種だけです。

楽天モバイルの取扱端末

それに対し、楽天モバイルの取扱端末は非常に豊富です。

楽天モバイルでは、スマートフォン15機種、ガラケー1機種、タブレット5機種、モバイルルーターも取り扱っています。

比べてみれば分かるように、LINEモバイルで取り扱っている機種は、全て楽天モバイルでも取り扱っています。

しかも、全機種楽天モバイルの方が安いんです!

楽天モバイルは、格安SIMの中で最も端末の販売に力を入れている会社で、大幅割引キャンペーンも頻繁に実施しています。

楽天モバイルのキャンペーン情報はこちらから
【随時更新】楽天モバイルキャンペーン情報

端末を同時購入する方は、絶対楽天モバイルがおすすめです。

ウサギ先生
格安SIMの中では、楽天モバイルが一番端末の種類が多いし、価格も安いの。端末と同時購入する人は楽天モバイルが絶対おすすめよ。ただし、最低利用期間に気をつけてね。

今持っている端末を使う場合

既に持っている端末を使う場合は、楽天モバイルもLINEモバイルもドコモの回線を利用しているので、「ドコモのスマートフォン」か、「SIMフリーのスマートフォン」なら基本的に何でも使うことが出来ます。

AUのスマートフォン、ソフトバンクのスマートフォンは、楽天モバイル、LINEモバイル共にそのままでは使うことができません。SIMロックを解除する必要があります。

ウサギ先生
2015年5月以降に販売された機種であれば、SIMロック解除が義務化されているので、SIMロックを解除することができるわ。
ワン吉くん
ということは、2015年5月以降の機種であれば、すべての機種が楽天モバイルでもLINEモバイルでも使えるということだね。

その他の特徴

これまで紹介した以外の楽天モバイル、LINEモバイルそれぞれの特徴を紹介しましょう。

楽天モバイルの特徴

・かけ放題プランがある
楽天モバイルには、5分以内の通話が何度でもかけ放題になるオプションがあります。

かけ放題のある格安SIMは少ないので、これは大きな特徴です。

・楽天ポイントがたまる、使える
楽天モバイルは楽天市場でおなじみの楽天グループなので、自分の持っている楽天ポイントを料金の支払いに使うことが出来ます。

また、利用料金に応じて楽天ポイントがたまります。

更に、楽天モバイル契約者なら、楽天市場で購入時に+1倍のポイントがいつでももらえます。

・口座振替が使える
多くの格安SIMでは、料金の支払い方法はクレジットカード払いしか選択できませんが、楽天モバイルでは口座振替が利用できます。

楽天モバイルなら、クレジットカードを持っていない人でも利用することが出来ます。

LINEモバイルの特徴

・LINEMUSICが使い放題のMUSIC+プランもある
LINE MUSICという、LINEが運営している音楽聞き放題サービスがあります。

音楽が聴き放題とはいっても、スマホにダウンロードしたり、ストリーミングで聞きながら使うと、データ通信が発生してしまいますが、MUSIC+プランなら、LINE MUSICからの音楽のストリーミング、ダウンロードもカウントフリーになります。

MUSIC+プランの料金は以下の通りです。

プラン MUSIC+
3GB 5GB 7GB 10GB
データ+SMS 1,810円 2,140円 2,700円 2,940円
データ+SMS+通話 2,390円 2,720円 3,280円 3,520円

通常のプランよりは少し高くなってしまいますが、音楽のダウンロードで容量を食ってしまってデータ通信量を追加するよりは安くなっています。

・LINEの年齢認証ができる
LINEで年齢認証ができるのは、「ドコモ」「AU」「ソフトバンク」と、「LINEモバイル」だけです。

格安SIMでLINEの年齢認証ができるのは、LINEモバイルだけです。

ちなみに、年齢認証をしないとLINEでID検索ができません。

・昼休み時間帯の速度低下がない
多くの格安SIMでは、昼休み時間帯は利用が集中し、通信速度が低下する傾向にあります。楽天モバイルも例外ではありません。

LINEモバイルは、今のところ利用者が少ないためか、昼休み時間帯も特に速度が低下することはありません。

今のところ、昼休み時間帯の通信速度はLINEモバイルがNo1といえるでしょう。

あくまで一例ですが、楽天モバイルとLINEモバイルの昼休み時間帯の通信速度は、コレくらい違います。

LINEモバイル・・・22.5Mbps
楽天モバイル・・・1.6Mbps

ワン吉くん
楽天モバイルは楽天市場、LINEモバイルはLINEやLINE MUSICを持っていることを最大限活かしているね。

まとめ

こんな人は楽天モバイルがおすすめ

・短時間の通話が多い人
通話料金が高くなってしまいがちな格安SIMですが、楽天モバイルには、「5分かけ放題」オプションがあるので、短時間の通話が多い人には楽天モバイルがおすすめです。

・SNSをあまり使わない人
SNSをあまり使わない人にとっては、LINEモバイルのカウントフリーの恩恵をうけることが出来ません。
単純に料金の安い楽天モバイルの方がおすすめです。

・端末を同時に購入する人
楽天モバイルの端末の安さは、格安SIM業界No1です。
端末を同時に購入する人は、楽天モバイルがお得です。

・楽天市場をよく使う人
楽天市場をよく使う人は、楽天ポイントが使えてたまる、楽天モバイルがおすすめです。
期間限定ポイントを消化することもできます。

・クレジットカードを持っていない人
クレジットカードを持っていない人には、口座振替で料金を支払うことができる楽天モバイルがおすすめです。

こんな人はLINEモバイルがおすすめ

・SNSをよく使う人
SNS(LINE、ツイッター、フェイスブック、インスタグラム)をよく使う人は、SNSのデータ通信量がカウントされないLINEモバイルがおすすめです。

思う存分SNSを楽しむことが出来ます。

・音楽をたくさん聞く人
音楽をたくさん聞く人は、LINE MUSICが使い放題のMUSIC+プランがおすすめです。

・LINEで年齢認証をしたい人
LINEで年齢認証ができる格安SIMはLINEモバイルしかありません。

LINEで年齢認証をしたい人は、LINEモバイル一択です。

・混雑時の通信速度を重視する人
LINEモバイルは契約者がまだ少ないため、一般的な格安SIMで混雑する時間帯(昼休み時)でも通信速度が速いです。

混雑する時間帯にも動画をスムーズに見たい人には、LINEモバイルがおすすめです。

ワン吉くん
それぞれの特徴をしっかり理解して、自分の使い方に合った方を選びたいね。

楽天モバイル、LINEモバイルに申し込もう!

楽天モバイル、LINEモバイル共にネット上で簡単に申し込むことが出来ます。

申し込み方法を簡単に説明します。

申込方法

1.MNP予約番号を取得する(MNPの場合のみ)
ドコモ・・・151
AU・・・0077-75470
ソフトバンク・・・*5533

に電話してMNP予約番号を発行してもらい、メモしておきます。

2.必要書類を準備する
・本人確認書類(免許証、保険証+住民票など)

3.公式ホームページから申し込む
楽天モバイル、LINEモバイルそれぞれの公式ホームページから申し込みます。

あらかじめ、どのプランにするかを決めておきましょう。

詳しいプラン、料金などは下のリンクで紹介しています。


>> 楽天モバイル 公式サイト

>>LINEモバイル公式サイトへ

楽天モバイル、LINEモバイルについて更に詳しく知りたい方は、こちらのページをご覧ください。

楽天モバイルの料金、魅力、メリット、デメリットなど

LINEモバイルの料金、魅力、メリット、デメリットを紹介!

スポンサーリンク
注目のキャンペーン情報!
BIGLOBEモバイルでは、通話SIM、データSIM契約で最大15,600円分キャッシュバックキャンペーン実施中!
>>BIGLOBEモバイル公式サイトへ


mineoでは、6ヶ月×900円割引キャンペーン実施中!

>>mineo公式サイトへ

_ _ _ _キャンペーン情報おわり_ _ _ _

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする