Huawei Mate10 lite スペック、日本発売日、価格、レビュー、antutuベンチマーク、DSDS対応は?

注目のキャンペーン情報!
BIGLOBEモバイルでは、最大16,400円分の特典!(12月2日まで)
>>BIGLOBEモバイル公式サイトへ

NifMoでは、最大10,000円のキャッシュバックキャンペーンを実施中!(11月30日まで)
>>NifMo公式サイトへ

_ _ _ _キャンペーン情報おわり_ _ _ _
スポンサーリンク
ワン吉くん
HuaweiのMate10には、liteモデルもあるんだね。安いのかな。性能はどうなるのかな。
ウサギ先生
Mate10 liteの詳しい情報を教えてあげる。

このページでは、Huawei Mate10 liteのスペック、発売日、価格など、気になる情報を紹介します。

日本発売日

Mate10 liteの日本発売日は、2017年12月8日です。

上位機種のMate10 Proの一週間後の発売となります。

Mate10 Proの最新情報は、こちらの記事をごらんください。
Huawei Mate10 Pro 日本発売日、スペック、価格、予約情報、MVNO、格安SIM取扱情報

デザイン

Mate10 liteの外観は、Mate10にそっくりです。

Mate10 liteと、Mate10、Mate10 Proを比較してみましょう。

Mate10は前面に指紋センサーが付いているなどの違いはありますが、詳しい人でなければ見分けがつかないくらいに似ていますね。

どれも、画面占有割合がとても高いことが特徴的です。

Mate10 liteのカラーは全3色です。

・グラファイトブラック
・オーロラブルー
・ゴールド

ですが、今のところHuaweiのオンラインショップでは、グラファイトブラックとオーロラブルーしか販売されていません。

ゴールドは日本では発売されないか、MVNO限定カラーとなる可能性があります。

ワン吉くん
カラーはシンプルだね。

スペック

Mate10 liteのスペックを、Mate10、Mate10 Proと比較しながら紹介していきます。

Mate10 lite Mate10 Mate10 Pro
OS Android7.0 Android8.0 Android8.0
ディスプレイ 5.9インチ(2160×1080) 5.9インチ(2560×1440) 6インチ有機EL(2160×1080)
プロセッサ Kirin659
(2.36GHz×4+1.7GHz×4)
Kirin970
(2.4GHz×4+1.8GHz×4)
Kirin970
(2.4GHz×4+1.8GHz×4)
メモリ 4GB 4GB 6GB
ストレージ 64GB 64GB 128GB
バッテリー容量 3340mAh 4,000mAh 4,000mAh
メインカメラ 1600万画素+200万画素 2000万画素+1200万画素 2000万画素+1200万画素
インカメラ 1300万画素+200万画素 800万画素 800万画素
サイズ 縦156.2mm×横75.2mm×厚さ7.5mm 縦150.5mm×横77.8mm×厚さ8.2mm 縦154.2mm×横74.5mm×厚さ7.9mm
重量 164g 186g 178g

Mate10 liteは、CPUにはミドルレンジのKirin659、メモリは4GB、ストレージは64GBと、Mate10やMate10 Proとははっきりと差がつけられています。

その代わり、重量がMate10よりも14g、Mate10 Proよりも22gも軽くなっています。

スマホで20gの重さの違いは結構大きく、寝ながら操作する人は、軽いliteの方が操作し易いでしょう。

ワン吉くん
スペックは普通な感じだね。

Antutuベンチマークスコア

さて、Kirin659を搭載しているといっても、イマイチピンとこないでしょうから、Antutuのベンチマークスコアを紹介します。

Mate10 liteのAntutuベンチマークスコアは、63,000点程度です。

これは、Snapdragonなら630に近いスコアで、ミドルスペックであるといえます。

カメラ性能

Mate10 liteが、Mate10やMate10 Proと大きく違う点は、カメラにもあります。

Mate10 liteのカメラは、他のMate10シリーズとは違い、ライカ監修のカメラではありません。

また、メインカメラの画素数は、1600万画素+200万画素と低くなっています。

一方、インカメラもデュアルカメラとなっています。

Mate10やMate10 Proのインカメラはシングルなので、liteだからといって劣っているところだけではない。ということですね。

インカメラにデュアルカメラが採用されているということで、セルフィーを綺麗に撮ることができるような機能が搭載されています。

具体的には、肌をきれいに見せる「ソフトLEDフラッシュ」や、「ビューティーモード」背景をぼかすことができる「ポートレート撮影」などが実装されています。

ワン吉くん
セルフィーが得意なら、ピンクとかあったら良かったんじゃないかなあ。

センサー

Mate10 liteのセンサーは、指紋センサーとGPSしか搭載されていません。

最近のスマートフォンに搭載されている事が多い、加速度センサーやジャイロセンサー、コンパスなどは搭載されていません。

ゲームをする時は注意が必要かもしれません。

ワン吉くん
ポケモンGOには向いていないね。

DSDS対応は?

Mate10 liteには、SIMカードスロットが2つ搭載されています。

Mate10 Proでは4G2枚のDSDSに対応していることから、Mate10 liteでもDSDS対応に期待したいところですが。

残念ながら、Mate10 liteの2枚目のSIMカードスロットは、2Gまでしか対応していません。

ですから、日本ではDSDS機としては使えません。

Mate10 liteは、見た目、画面占有率などは他のMate10シリーズと同等ですが、スペック、機能などはかなり割り切った機種だということができます。

価格、取扱MVNO

Mate10 liteのHuawei公式ストアでの販売価格は、46,224円です。

ワン吉くん
ずいぶん安いね。機能が絞られているからかな。

Mate10 liteの取扱MVNOは、まだ発表されていません。

参考までにMate10 Proを取り扱っているMVNOを紹介します。

・楽天モバイル
・NifMo
・エキサイトモバイル
・IIJ mio
・OCNモバイルONE
・イオンモバイル
・LinksMate

Mate10 liteは価格的にも、Mate10 Proよりも販売台数が見込めるので、これらのMVNOに加え、他のMVNOでも取扱が予想されています。

ワン吉くん
格安スマホにはProよりliteの方が向いているね!

レビュー

Mate10 liteが発売されてレビューがあつまってきたら、ここでまとめていきます。

ワン吉くん
レビューを確認してから買おう。
注目のキャンペーン情報!
BIGLOBEモバイルでは、最大16,400円分の特典!(12月2日まで)
>>BIGLOBEモバイル公式サイトへ

NifMoでは、最大10,000円のキャッシュバックキャンペーンを実施中!(11月30日まで)
>>NifMo公式サイトへ

_ _ _ _キャンペーン情報おわり_ _ _ _
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする