LINEモバイルの料金プラン、オプションの選び方、LINEモバイルの申し込み方法

このページでは、自分にあったLINEモバイルの料金プランやオプションの選び方、LINEモバイルの申込方法を説明します。

LINEフリープランかコミュニケーションフリープランかを決める

LINEモバイルには、「LINEフリープラン」と「コミュニケーションフリープラン」があります。

それぞれのプランの内容と、どういった人にどちらのプランが向いているのかを説明します。

LINEフリープラン

プラン LINEフリー
1GB
データ通信のみ 500円
データ+SMS 620円
データ+SMS+通話 1,200円

LINEフリープランとは、メッセージアプリ「LINE」の利用時にデータ通信量がカウントされないプランです。

LINEのトーク、タイムライン、通話、ビデオ通話など、LINE LIVE以外の全てのLINEの機能で、データ通信量がカウントされません。

LINEのブラウザから外部のURLに接続する場合などはデータ通信量がカウントされます。

LINEフリープランのデータ通信量は1GBのみで、「データ通信のみ」「データ通信+SMS」「データ通信+SMS+通話」の3つのプランがあります。

LINEフリープランはこんな人にオススメ

LINEフリープランは、LINE以外はWebサイトを見たり、メールをしたり、ツイッターをするくらいで、動画視聴やゲームをしない人におすすめ。ということになります。

上でも紹介したとおり、LINEフリープランには、月間のデータ使用量が1GBまでのプランしかありません。

ちなみに、データ通信量が1GBになる目安は、

Yahooトップページ・・・約3500回
メール・・・約3000通
ツイッター・・・10,000ツイートくらい(文字のみの場合)
動画視聴・・・約270分(中画質512Kbps程度)

※注意 合計ではなく、これら一つ一つで約1GBになります。

コミュニケーションフリープラン

プラン コミュニケーションフリー
3GB 5GB 7GB 10GB
データ通信のみ
データ+SMS 1,110円 1,640円 2,300円 2,640円
データ+SMS+通話 1,200円 1,690円 2,220円 3,220円

コミュニケーションフリープランとは、「LINE」「ツイッター」「フェイスブック」「インスタグラム」のデータ通信量がカウントされないプランです。

LINEのトークや音声通話、ビデオ通話、タイムラインの閲覧に加え、

ツイッターのツイート、画像つきツイート、ダイレクトメッセージ、タイムラインの閲覧

フェイスブックの投稿、タイムライン閲覧、コメント、お知らせ

インスタグラムのタイムライン、画像、動画投稿、アクティビティ、ダイレクトメッセージ

など、これら4つのサービスのほとんど機能で、データ通信量がカウントされません。

なお、LINELIVE、FacebookLIVE、ツイッターのライブストリーミング動画など、生放送系のサービスはカウントフリーの対象にならないので、注意が必要です。

コミュニケーションフリープランには、データ通信量を3GB、5GB、7GB、10GBから選択することができ、「データ通信+SMS」のプランと「データ通信+SMS+通話」のプランがあります。

コミュニケーションフリープランはこんな人にオススメ

コミュニケーションフリープランは、「LINE」「ツイッター」「フェイスブック」「インスタグラム」をよく使う人で、その他のデータ通信もある程度する人におすすめです。

自分の毎月のデータ通信量を調べる方法は、こちらのページで詳しく説明しています。(新しいページで開きます)

コミュニケーションフリープランには、3GB、5GB、7GB、10GBの4つのプランがあるので、「LINE」「ツイッター」「フェイスブック」「インスタグラム」以外に3GB程度はデータ通信をする人は、コミュニケーションフリープランを選びましょう。

※プラン選びのポイント
キャリアで5GBのプランを選択していた人は、そのままコミュニケーションフリープランの5GBプランを選択すれば良いわけではなく、キャリアで使っていた時の通信量から、「LINE」「ツイッター」「フェイスブック」「インスタグラム」でのデータ通信量を除いたデータ通信量のプランを選択しましょう

例えば、キャリアでは「LINE」「ツイッター」「フェイスブック」「インスタグラム」で2GB、その他のWebサイト閲覧や動画再生で3GBを消費していた人は、LINEモバイルなら「3GB」のプランで良いことになります。

これが、LINEモバイルのSNSデータ通信量がカウントされない魅力です。


>>LINEモバイル公式サイトへ

SNSをあまり使わない人は?

SNSをあまり使わない人は、LINEモバイルの恩恵をあまり受けることができません。

SNSをあまり使わない人には、誰でも毎月1GBもらえる「フリータンク」や、「パケットギフト」というシステムがある、mineo(マイネオ)をおすすめします。

mineoについて詳しくは、こちらで説明しています。


>>mineo公式サイトへ

オプションサービスを選択する

留守番電話(月額300円)

電話にでることができなかった時に、LINEモバイル側で音声を保存しておいてくれるサービスです。

月額300円かかってしまうので、端末側の留守番電話機能を使うことをおすすめします。

割込通話(月額200円)

通話中に別の人から電話がかかってきた時に、現在通話中の電話を一旦保留にして別の人と通話をし、終わったら最初の人と通話ができる機能です。

仕事で携帯を利用していて、大事なお客様からの電話を必ず受けたい場合などにおすすめのオプションです。

転送電話(無料)

かかってきた電話を、あらかじめ登録されている携帯電話や固定電話に転送するサービスです。

国際電話(無料)

海外に電話をかけることができます。

オプション料金は無料ですが、通話料がかかります。

誤って国際電話を掛けてしまうのを防ぐために、利用しない方はつけないほうが良いでしょう。

国際ローミング(無料)

海外で通信ができる機能です。

オプション料金は無料ですが、通信料がかかります。

i-フィルター(無料)

お子様向けのフィルタリングアプリです。

・ウェブサイトへのアクセスのブロック
年齢別による自動ブロックの他、個別でサイトを指定してブロックすることもできます。
逆に、指定したサイトのみアクセスを許可することもできます。

・危険なアプリのブロック
自動で危険なアプリの利用を制限するほか、個別でアプリを指定してブロックすることもできます。

・端末の利用時間制限
曜日、時間を指定して端末の利用を制限することができます。

・通話発着信履歴
発信履歴、着信履歴を削除されても履歴を確認することができます。

・位置情報履歴
お子様の位置情報をGPSで確認することができます。

など、お子様にスマホをもたせようと考えている保護者に嬉しい機能が搭載されています。

利用者が18歳未満の場合のみ選択することができます。

通常、i-フィルターを利用するには月額360円かかりますが、LINEモバイルなら無料で利用することができます。

お子様にスマホを持たせようと考えている親御さんには嬉しいサービスですね。

ウサギ先生
自分に合ったプランやオプションは分かったかな?いよいよ、LINEモバイルの申し込みに進むよ!

MNP予約番号をもらう

自分に合ったプランと必要なオプションが分かったら、LINEモバイルに申し込みをする前に、MNP予約番号をもらいます。

※MNP予約番号をもらうのは、MNP(番号を引き継いで乗り換え)をする人だけです。
新規契約の人はこの項目は飛ばして、LINEモバイルに申し込むの項目へ進みましょう。

MNP予約番号をもらうには、現在契約しているキャリアに電話するか、ショップに行って、MNP予約番号を発行してもらいます。

MNPではなく、新規でmineoと契約する場合は、この手順は飛ばします。

・ドコモ
ドコモ携帯電話から:151(9:00~20:00)
その他の電話から:0120-200-000(9:00~20:00)

・AU
携帯電話、固定電話共に:0077-75470(9:00~20:00)
ソフトバンク:0800-100-5533(9:00~20:00)

・ソフトバンク
ソフトバンク携帯電話から:*5533(9:00~20:00)
その他の電話から:0800-100-5533(9:00~20:00)

ココに電話をして、「MNPしたいです」と伝えると、ポイントをお付けします。とか引き止められるかと思いますが、断ると、MNP予約番号を発行してもらえます。

ここで発行してもらった「MNP予約番号」と「有効期限」を控えておきます。

LINEモバイルに申し込む

MNP予約番号をもらったら、いよいよLINEモバイルに申し込みます。

公式ページから、申し込むをタップします。


>>LINEモバイル公式サイトへ

SIMカードが届くまでに数日かかるので、MNP予約番号の有効期限が10日以上ある状態で申し込みを行って下さい。

LINEモバイルの申し込み手続きの流れを紹介します。

用意するもの

LINEモバイルの申し込む前に、用意するものを揃えておきましょう。

・本人確認書類(のちほど、カメラで写真を取るかスキャンしてアップロードします)

・クレジットカード(デビットカードは不可)

・メールアドレス

・MNP予約番号

本人確認書類になるもの

以下のいずれか一点が必要になります。+補助書類とかいてあるものは、補助書類のうちいずれか一点も必要になります。

■本人確認書類
・運転免許証
・運転経歴証明書
・日本国パスポート+補助書類
・在留カード
・特別永住者証明書
・住民基本台帳カード
・健康保険証+補助書類
・後期高齢者医療被保険者証+補助書類
・届出避難場所証明書
・身体障害者手帳
・療育手帳
・精神障害者保健福祉手帳
・特定疾患医療受給証+補助書類
・特定疾患医療登録者証+補助書類

■補助書類
・公共料金領収書(電気、水道、都市ガスのもの)
・住民票(発行から3ヶ月以内のもの)

申し込み手順

1.お申込前の確認画面を読んで、申し込みをタップ

2.通常申し込みを選択して次へ進むをタップ

3.申込内容を選択して、次へ進むをタップ

SIMカードのみを申し込みするのか、端末も一緒に購入するのか。

プランは、上で説明したので、決めておいたプランを選択します。

※注意
SIMカードのみを申し込む場合は、SIMカードのサイズを選択する必要があります。

SIMカードのサイズには、「ナノSIM」「マイクロSIM」「標準SIM」の三種類があり、間違えると大きさが違うので入りません。

自分の端末にはどのSIMが入るのかは、こちらのページ(別ウインドウで開きます)で確認して下さい。

4.お客様情報を入力する

住所、氏名、電話番号、メールアドレスなど、必要事項を入力し次へ進みます。

5.確認メールから、本人確認書類を提出する

入力したメールアドレスに本人確認書類の提出をお願いするメールが届きます。

手順に従って携帯電話のカメラ、デジタルカメラ、スキャナーなどで読み取り、アップロードします。

6.支払い方法を選択する

画面に従い、クレジットカードの番号を入力します。

7.Myページのアカウントを設定する

利用状況の確認や契約内容の変更をするためのMyページのアカウントを設定します。

IDとパスワードを入力して、次に進みます。

8.申し込み完了!

最後の確認画面で申し込むをタップすれば、無事申し込みは完了です!

SIMカードが届いたら、MNP転入手続きや初期設定をしましょう。

MNP転入手続きや初期設定の方法はこちらのページで詳しく説明しています。

お気に入りに入れておいて下さい。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする