Essential Phone 日本発売日、スペック、価格、カラーなど。ソフトバンク独占か【Essential Phone ph-1】

注目のキャンペーン情報!
BIGLOBEモバイルでは、最大16,400円分の特典!(12月2日まで)
>>BIGLOBEモバイル公式サイトへ

NifMoでは、最大10,000円のキャッシュバックキャンペーンを実施中!(11月30日まで)
>>NifMo公式サイトへ

_ _ _ _キャンペーン情報おわり_ _ _ _
スポンサーリンク
ワン吉くん
Essential Phoneっていう凄いスマホが出たみたいだね。日本でも発売されるのかな?
ウサギ先生
Essential Phoneは、日本発売がほぼ確定しているわ。今回は、Essential Phoneを紹介しましょう。

このページでは、Essential Phoneの日本発売日、スペック、価格、カラーなど、気になる情報を紹介します。

Essentialとは

Essential Phoneは、Essentialという会社のスマートフォンです。

Essentialと言われても、聞いたことが無いな。という方が多いでしょう。

それもそのはず、Essentialにとって、最初のスマートフォンがEssential Phoneなので、当然ですね。

Essentialは、AndroidOSの創始者の一人である、アンディ・ルービンが立ち上げた会社です。

Androidが作り上げてしまった不自由な現状を打破したい。ということで、Essentialを起業したようです。

今回紹介するEssential Phone自体は、AndroidOSを採用していますが、他に発売しているEssential Homeには、独自のOSである、Ambient OSを搭載しています。

ワン吉くん
へぇ~。
ウサギ先生
さて、前置きはこれくらいにして、本題に入りましょう。

日本発売日

Essential Phoneの日本発売日は、2017年中と予想されています。

PDADBというサイトで、Essential Phoneの販売国は、アメリカ、中国、日本で発売されると記載されています。

海外版をいち早く購入したユーザーによれば、言語設定で日本語を選択すれば、日本語に完全対応していることが確認されています。

現時点では、アメリカのアマゾンなどから購入するしかないようです。

ワン吉くん
もうすぐだね!

デザイン

Essential Phoneは、ベゼルが非常に細く、全面液晶に近いデザインが特徴的です。

間もなく発売される、iPhone8に近いデザインともいわれており、NHKでは、このEssential Phoneが、次期iPhoneとして紹介されており、ネット上で叩かれていました(笑)

カラー

Essential Phoneのカラーは、全部で4色です。

・ブラックムーン

・ステラーグレー

・ピュアホワイト

・オーシャンデプス

スペック

ディスプレイ 5.71インチQHD(2560×1312)
輝度500nits、コントラスト比1:1000以上
プロセッサ Snapdragon 835
メモリ 4GB
ストレージ 128GB
背面カメラ 1300万画素 f値1.85
4K動画撮影可能
インカメラ 800万画素 4K動画撮影可能
マイク ノイズキャンセリング機能付
バッテリー容量 3040mAh、USB-typeC
サイズ 縦141.5mm×横71.1mm×厚さ7.8mm
重量 185g
その他 10点マルチタッチ
気圧計、加速度計、磁力計、ジャイロスコープ

プロセッサにはSnapdragon835を採用するなど、ハイエンドに属するスマホです。

ワン吉くん
Snapdragon835といえば、galaxyS8にも採用されている、今のところ最高スペックのプロセッサだね。
スポンサーリンク

カメラ性能

Essential Phoneのカメラ内には、カラーセンサーとモノクロセンサーが内蔵されており、カラーセンサーで認識した画像とモノクロセンサーで認識した画像を合成し、更にきれいなカラー画像を生成する。という仕組みを取っています。

下の画像は、一番左が、カラーセンサーで認識された画像、真ん中がモノクロセンサーが認識した画像、一番右がそれらを合成して、最終的に出力される画像です。

タップで拡大できますが、一番左の画像よりも、一番右の画像の方が綺麗なように見えます。

アクセサリ

Essential Phoneに装着するアクセサリは、全て磁石で接続します。

アクセサリ第一弾として、360度カメラと、Essential Phone用ドッグが用意されます。

360度カメラ

この360度カメラは、本体に接続するだけで、簡単に360度の動画を撮影することができます。

Essential Phone用ドッグ

Essential Phone用ドッグは、マグネット式コネクタで接続するだけで、簡単に充電ができるドッグです。

耐久性

Essential Phoneの外装には、チタンが採用されており、落とした時の衝撃に非常に強く仕上がっています。

これは、落下試験の後の画像です。

画像はEssential公式サイトより

外装にアルミニウムを採用している他のスマートフォンは、角に傷がついているのに対し、Essential Phoneは、全く傷がついていません。

Essential Phoneのアクセサリーに、ケースが販売されていないのは、その自信の現れです。

価格

Essential Phoneの価格は、699ドル~です。

1ドル111円で計算すると、77,589円ということになります。

これだけのスペックで、全面液晶を採用しているスマートフォンとしては、安いのではないでしょうか。

ソフトバンク独占か

Essential Phoneは、アメリカでは、ソフトバンク傘下の、スプリントが独占販売することが決まっています。

日本では、ソフトバンクが独占販売する可能性が高いといわれています。

もともと、アンディ・ルービン氏と孫正義社長の仲が良く、ソフトバンクがEssentialに投資する。といった話もあったくらいのようです。(それはなくなったようですが)

この、Essential Phoneが人気になれば、日本でソフトバンクがiPhoneを独占販売した時のように、アメリカで苦戦しているスプリントも急浮上するかもしれません。

通信会社としては、ソフトバンクが独占販売すると見られていますが、SIMフリー版を購入することはできるので、Essential Phoneも格安SIMで運用したほうが安くなるでしょう。

詳しい価格などがわかりましたら、ソフトバンクで運用した時の料金と格安SIMで運用したときの料金比較などもしてみようと思います。

注目のキャンペーン情報!
BIGLOBEモバイルでは、最大16,400円分の特典!(12月2日まで)
>>BIGLOBEモバイル公式サイトへ

NifMoでは、最大10,000円のキャッシュバックキャンペーンを実施中!(11月30日まで)
>>NifMo公式サイトへ

_ _ _ _キャンペーン情報おわり_ _ _ _
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする