BIGLOBEモバイル シェアSIM 料金、速度、申込方法など。タイプD、タイプA相互で使える!

ワン吉くん
BIGLOBEモバイルのシェアSIMをみんなで使ったらお得かな?
ウサギ先生
そうね。BIGLOBEモバイルのシェアSIMについて説明するわ。

このページでは、BIGLOBEモバイルのシェアSIMの料金、申込方法など気になる情報を紹介します。

シェアSIMとは

BIGLOBEモバイルでは、「シェアSIM」というサービスを実施しています。

シェアSIMとは、1枚のSIMのデータ容量を、他のSIMカードと分け合って使うことができるサービスです。

例えば、1枚目のSIMカードで12GBプランを契約し、シェアSIMを1枚追加すれば、2枚で12GBを分け合って使うことができます。

6GBずつ使っても良いですし、1GBと11GBといった使い方でも良いですし、12GBの範囲内なら自由に分け合うことができます。

音声通話SIMには、音声通話SIMデータSIMともにシェアSIMを追加することができます。

データSIM、SMS機能付データSIMには、音声通話SIMのシェアSIMを追加することはできません。

料金

1枚目のSIMカードの料金

シェアSIMを使うためには、まず、1枚目のSIMカードは通常の料金プランで契約する必要があります。

BIGLOBEモバイルの料金プランは、以下のとおりです。

プラン

データSIM
タイプDのみ

SMS機能付き
データSIM

音声通話SIM

1GB音声通話スタートプラン 1,400円
3GB3ギガプラン 900円 1,020円 1,600円
6GB6ギガプラン 1,450円 1,570円 2,150円
12GB12ギガプラン 2,700円 2,820円 3,400円
20GB20ギガプラン 4,500円 4,620円 5,200円
30GB30ギガプラン 6,750円 6,870円 7,450円

データSIMは、ドコモ回線のタイプDのみで、SMS機能付きデータSIMと、音声通話SIMはタイプDと、AU回線のタイプAから選ぶことができます。

シェアするSIMカードの料金

2枚目以降、1枚目のSIMカードとシェアするSIMカードは、シェアSIMとして申し込み、「シェアSIM料金」を払う必要があります。

シェアSIM料金は、以下のとおりです。

音声通話SIM SMS機能付データSIM データSIM
900円/月 320円/月 200円/月

料金の例

ですから、例えば、1枚目SIMカードで音声通話SIM12GBプランを契約し、もう1枚シェアしたいSIMカードを音声通話SIMで追加する場合の月額料金は、

2,700円(1枚目)+900円(2枚目)=3,600円 となります。

これで、12GBをシェアして、家族と使ったり、2台持ちをすることができます。

1枚目のSIMカードが音声通話SIMで、2枚目をデータSIMとしてポケットWifiやiPadに入れて使うこともできます。

どれくらいお得なの?

SIMカードを1枚1枚契約するのと、シェアSIMを使うのとでは、どれくらい料金が違うのか、計算してみましょう。

・通話SIM2枚で、6GB使う場合
3GBの通話SIMを2枚契約した場合の料金は、1,600円×2=3,200円です。

一方、6GBプランとシェアSIMを契約した場合の料金は、2,150円+900円=3,050円です。

シェアプランを使った方が、150円安くなります。

ワン吉くん
お得だね。

・通話SIMとデータSIMで、12GB使う場合
6GBの通話SIMと6GBのデータSIMを契約した場合の料金は、2,150円+1,450円=3,600円です。

12GBの通話SIMとシェアSIMでデータSIMを契約した場合の料金は、3,400円+200円=3,600円

この場合は、単独で契約しても、シェアSIMで契約しても、月額料金は変わりません。

ワン吉くん
安くならないこともあるんだね。

プランによってはシェアSIMだからといって特別安くならない場合もあります。(高くなることはありません。)

料金が同じなら、1人で2台持ちをする場合は、シェアSIMにしたほうが、データ容量の融通が効くのでおすすめです。

逆に、家族で使う場合は、料金が同じなら別々で契約したほうが、1人1人のデータ通信量を管理できるので良い場合もあるかもしれません。

家族でシェアSIMを契約すると、

ワン吉くん
お姉ちゃんがデータ容量を使い切っちゃった!ひどい!

といったことはあるあるですね。

速度

BIGLOBEモバイルのシェアSIMは、メインのSIMカードもシェアSIMカードも、通信速度は変わりません。

ただし、ドコモ回線(タイプD)とAU回線(タイプA)の間でシェアする時は、それぞれの通信網が違うので、速度は変わってきます。

BIGLOBEモバイルはAUのKDDI系列ということもあり、AU回線の方が速い傾向にあるようです。

シェアするデータ容量を使い切ってしまった場合は、全てのSIMカードで通信速度が200kbpsに落ちてしまいます。

データ容量を追加するには、100MBあたり300円かかります。

シェアSIMは、知らないところで家族がたくさんデータ通信をしてしまう。という恐れもあるので、データ通信量をしっかり管理することが大切です。

メリット、デメリット

BIGLOBEモバイル、シェアSIMのメリット、デメリットを紹介します。

メリット

・料金が安くなる(ことが多い)
シェアSIMを使えば、SIMカード1枚1枚別々に契約するよりも、料金が数百円安くなります。

一部、料金が変わらない場合もありますが、高くなることはありません。

・データ通信量の融通が効く
たとえば、3GBのSIMカードを2枚別々に契約すると、それぞれのデータ通信量が3GBを超えた時点で速度制限がかかります。

シェアSIMで6GBをシェアしていれば、4GBと2GB、5GBと1GBなど、容量の範囲内でデータ通信量を融通することができるので、便利です。

・ドコモ回線、AU回線間でシェアができる
BIGLOBEモバイルでは、ドコモ回線を使ったプランDと、AU回線を使ったプランAの2種類のSIMカードを発行しています。

シェアSIMでは、プランDのSIMカードにプランAのシェアSIMを発行することもできます。

異なる回線間でシェアすることができるMVNOは数少なく、貴重です。

デメリット

・データ容量の追加が高い
BIGLOBEモバイルは、データ容量の追加が100MBあたり300円と、少し高くなっています。

シェアSIMを使う人は、比較的多く通信をする人が多いでしょうから、契約するプランは余裕を持っておいたほうが良いです。

・データ容量の管理が難しい
シェアSIMを家族など他の人と一緒に使う場合、その人と合わせたデータ通信量がカウントされます。

特に、子供さんに持たせる場合。子供がYouTubeなどでたくさんデータ通信をして容量を使い切ってしまい、親子ともども速度規制がかかってしまう。ということがよく起こります。

大人同士ならまだ良いでしょうが、子供とシェアする時は、しっかりと説明しておく必要があります。

申込方法

シェアSIMに申し込むには、まず1枚目のSIMカードを申し込み、その後会員ページからシェアIMカードを申し込みます。

すでにBIGLOBEモバイルと契約している人は、会員ページからどうぞ。

まだ契約をしていない人は、BIGLOBEモバイルの申込方法をかんたんに説明します。

BIGLOBEモバイルの申込方法を紹介します。申し込みは、公式ページから行います。


>>BIGLOBEモバイル公式サイトへ

簡単に、手順を紹介します。

1.お申込みを選択し、スマホを選ぶを選択する

2.Zenfone Liveを選択し、申し込むを選択する

3.カラーを選択し、プラン、オプションを選択する

4.アクセサリーを選択する

5.お申込手続きへを選択する

6.お客様情報や、クレジットカード情報を入力する

7.通話SIMの場合は、本人確認書類をアップロードする

以上で、完了です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする