【フレッツ光 西日本】ご指定の住所では、現在フレッツ光をご利用いただくことができません。ご指定の住所はフレッツ光のご提供エリアです。の意味

NTT西日本のフレッツ光を使いたい。と考えている方、

「ご指定の住所では、現在フレッツ光をご利用いただくことができません。」と出たからといって、フレッツ光が絶対に使えない。というわけではありません。

このページでは、NTT西日本エリアのフレッツ光の、エリア検索結果の見方と、その意味、対処法を紹介します。

東日本エリアの方は、こちら

NTT西日本フレッツ光の提供エリア検索

まずは、NTT西日本エリア、フレッツ光の提供エリア検索の、正しい使い方を解説します。

①住所で検索のタブを選択し、郵便番号か、都道府県を入力する。

フレッツ光、NTT西日本エリア検索

②市区町村を選択する

③地名、番地を選択する(郵便番号を入力した方は、ここまで飛びます。)

④住まいのタイプを選択する

⑤マンションの場合は、マンション名、部屋番号を選択すると、結果が表示されます。

ご指定の住所では現在フレッツ光をご利用いただくことができません。

「ご指定の住所では現在フレッツ光をご利用いただくことができません。」と表示されたら、残念ながら、現時点ではフレッツ光を使うことができません。

「ご利用希望登録」をして、開通を待つ。ということもできますが、ほとんどの地域で普及している光ファイバーが、今現時点で来ていないということは、何らかの理由があり、今から光ファイバーを引っ張ってきてもらうというのは厳しい。というのが正直なところです。

他社の光回線や、Wi-Fiを利用することをおすすめします。

フレッツ光が使えないところでは、光コラボも使えない

最近は、ドコモ光、ソフトバンク光、楽天ひかりなど、フレッツ光の回線を利用した光コラボと呼ばれるサービスも増えてきています。

これらのサービスは、全てフレッツ光の回線を利用するものなので、フレッツ光が使えないところでは、使えません。

主なコラボ光には、次のようなものがあります。

ドコモ光、ソフトバンク光、ビッグローブ光、楽天ひかり、so-net光、nifty光、ぷらら光、OCN光、IIJmioひかり、U-next光、Asahinet光、DTI光

フレッツ光とは別の回線を使っている光回線は、以下のとおりです。

auひかり・・・東海(一部マンションのみ)、北陸、関西(一部マンションのみ)、中国、四国、九州

NURO光・・・東海、関西、中国、四国

コミュファ光・・・東海

eo光・・・関西

メガエッグ・・・中国

ピカラ光・・・四国

BBIQ・・・九州

コミュファ光とeo光は、auひかりのKDDIと提携しているため、競合しないよう、東海、関西ではauひかりの戸建てタイプは導入されていません。

これらは、フレッツ光とは別に、自前の回線を引いているので、フレッツ光が使えないところでも、使える可能性があります。

それぞれの公式サイトに行って、利用できるかどうかを確認してみましょう。

ご指定の住所はフレッツ光のご提供エリアです。

ご指定の住所はフレッツ光の提供エリアです。と出た場合、おめでとうございます。フレッツ光を使うことができます。

ただし、「ご指定の住所はフレッツ光の提供エリアです。」にも、いくつかの種類があります。

戸建ての場合

【回線の種類】
・フレッツ光ネクストファミリースーパーハイスピードタイプ隼(最大1Gbps)

・フレッツ光ネクストファミリーハイスピードタイプ(最大200Mbps)

・フレッツ光ネクストファミリータイプ(最大100Mbps)

上に行くほど速度が速いタイプで、料金はどれも同じなので、隼が一番良いのですが、自分で選ぶことができるわけではなく、

もし、隼が使えるエリアではなく、高速インターネットを利用したい場合は、他社の光回線を利用することをおすすめします。

【開通時期】
最短1週間で提供できます。との記載がある場合は、その通りで、1~2週間程度で使いはじめることができるようになります。

その記載がない場合は、工事の関係で1~2ヶ月くらいかかることもあるので、早めに申し込んでおくようにしましょう。

マンションの場合

マンションの場合は、戸建の場合よりもパターンが多くなります。

【回線の種類】
・フレッツ光ネクストマンションスーパーハイスピードタイプ隼(最大1Gbps)

・フレッツ光ネクストマンションハイスピードタイプ(最大200Mbps)

・フレッツ光ネクストマンションタイプ(ひかり配線方式/VDSL方式、最大100Mbps)

・フレッツ光ネクストマンションタイプ(LAN方式、最大100Mbps)

「フレッツ光ネクストマンションタイプ」には、ひかり配線方式/VDSL方式と、LAN方式の2種類があり、どちらも最大100Mbpsですが、実測はひかり配線方式/VDSL方式の方が速いです。

また、ひかり配線方式以外の場合、他社の光回線を導入したとしても、最大速度は100Mbpsになってしまうことがほとんどです。

【利用が見込める戸数】
利用が見込める戸数によって料金が変わってきます。利用が見込める戸数が多いほど、料金が安くなります。

ミニ(6契約以上が見込める場合)・・・4,950円
プラン1(8契約以上が見込める場合)・・・4,070円
プラン2(16契約以上が見込める場合)・・・3,520円

ミニなのか、そうでないかは、エリア検索の結果画面で確認することができますが、ミニでない場合のプラン1なのか、プラン2なのかは、結果画面では確認できません。

確認するためには、NTT西日本に電話する必要があります。(0120-116-116)

【開通時期】
ご提供時期は弊社設備等の調査後に回答します。との記載がある場合は1~2ヶ月程度。

記載がない場合は1~2週間程度が目安となります。

フレッツ光マンションタイプが導入されていない場合

「ご指定の住所はフレッツ光のご提供エリアです」の下に、「フレッツ光ネクストファミリー・ハイスピードタイプ隼」など、ファミリータイプが表示されていた場合、そのマンションでは、フレッツ光を利用することはできますが、マンションタイプの設備が導入されていないため、ファミリータイプを導入することになります。

ファミリータイプを導入する時に問題となってくるのが、工事です。

電柱等の位置関係から、エアコンの配管を利用して引き込むことができるのなら、壁に穴を開けなくても良いので、工事が認められることが多いのですがそうでない場合、壁に穴をあける工事の許可が出ないために、利用できない。というケースは少なくありません。

また、ファミリータイプの料金はマンションタイプよりも高く、5,940円です。

一方で、専用の回線を引っ張ってくるので、他の部屋の住人に影響されて速度が低下しない。というメリットもあります。

管理組合(賃貸の場合は管理会社、大家さん)と交渉をし、フレッツ光の設備を導入してもらうことができれば、マンションタイプが使えるようになるのですが、なかなかハードルが高いです。

全戸一括導入物件の場合

「全戸一括導入物件です。管理会社様・オーナーさまにお問合せください。」と表示された場合は、全戸一括導入物件という、オーナーが全戸一括でインターネットを導入してくれている物件です。

全戸一括導入物件では、ほとんどの場合、無料でフレッツ光を使うことができます。(家賃に含まれていると考えることもできますが)

全戸一括導入物件は、全てひかり配線方式で、最大1Gbpsのフレッツ光ネクストスーパーハイスピード隼が採用されています。

高速インターネットを利用することができる。ということです。

インターネット利用料無料の物件は、その多くが、Wi-Fiが無料であったり、一戸建ての家の中の配線と同じように、一つの契約の配線を複数の部屋に分配していることが多く、通信速度の面からおすすめしていません。

しかし、フレッツ光の全戸一括導入物件であれば、各部屋で個別に契約しているのと同じ品質の回線がはじめから契約されているため、通信速度も速く、とてもおすすめすることができます。

他社の光回線と、フレッツ光の料金を比較

フレッツ光と、その他の光回線の料金を、比較してみましょう。

マンションの場合

<フレッツ光>
ミニ(6契約以上が見込める場合)・・・4,950円+プロバイダ料金
プラン1(8契約以上が見込める場合)・・・4,070円+プロバイダ料金
プラン2(16契約以上が見込める場合)・・・3,520円+プロバイダ料金

OCN光・・・3,960円

ぷらら光・・・3,960円

ソフトバンク光・・・4,180円

ドコモ光・・・4,400円

楽天ひかり・・・4,180円

ビッグローブ光・・・4,378円

ASAHIネット光・・・4,235円

nifty・・・4,378円

NURO光・・・5,200円

au光・・・4,180円

コミュファ光・・・5,775円

eo光・・・3,876円~5,960円

メガエッグ・・・3,520円

ピカラ光・・・3,740円

BBIQ・・・4,400円~6,270円

フレッツ光は、契約が見込める戸数によって料金が変わってきますが、それ以外では料金は1つです。(eo光、BBIQを除く)

戸建の場合

フレッツ光・・・5,940円+プロバイダ料金

OCN光・・・5,610円

ぷらら光・・・5,280円

ソフトバンク光・・・5,720円

楽天ひかり・・・5,280円

ドコモ光・・・5,720円

nifty光・・・5,720円

ASAHIネット光・・・5,698円

Sonet光・・・6,138円

auひかり・・・5,610円

NURO光・・・5,200円

コミュファ光・・・5,775円

eo光・・・5,960円

メガエッグ・・・4,620円

ピカラ光・・・4,950円

BBIQ・・・6,380円

フレッツ光以外は、プロバイダ料金込となっています。

また、ドコモ光、ソフトバンク光、au光などは、それぞれのスマホ料金との割引などがありますから、自分が使っているスマホの会社に合わせるのも良いですね。

Wi-Fiも検討してみよう

フレッツ光、auひかり、コミュファ光、eo光などの光回線がどれもエリア外だった場合や、エリア内だったとしても、隼ではなく、最大速度100Mbpsや200Mbpsのプランしか選択できなかった場合は、Wi-Fiも検討してみましょう。

ドコモのhome 5Gなら、最大速度100Mbpsや200Mbpsのプランよりも速いくらいの速度が出ます。

home 5Gの料金は、4,950円です。

料金を見て分かるように、特にマンションタイプであれば、home 5Gよりも光回線の方が安いです。

ですから、コンセントに挿すだけで工事不要というメリットはありますが、固定の光回線を引けるのであれば、そちらをおすすめします。

あくまで、光回線を引けない時の手段や、短期間で引っ越すことが決まっている時の対策として利用しましょう。

もし、それほど通信量が多くない。という方は、楽天モバイルのWi-Fiをおすすめします。

楽天モバイルなら、月間20GB以上、どれだけつかっても月額3,278円です。

ただし、1日10GB以上使うと、日付が変わるまで、速度が3Mbpsに制限されてしまうので、大容量使うことがある方は、home 5Gがおすすめです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする